ダイチ株式会社
ホーム 会社案内 業務紹介 ダイチの工法 スポーツ振興活動
地すべり対策工法

法面対策工法

落石対策工法

土砂崩壊・土石流・流木対策工法

目的
ワイヤネットは、ワイヤロープ(主索・吊索)とリング状ネットを用いて、土石流・流木を捕捉する透過型砂防施設です。

特徴・性能
2005年、第1回砂防技術賞と国土技術開発賞に入賞しました。
土石流・流木の衝撃力を吸収し、その荷重を無理なく反力体に伝達する柔構造体です。
設置時に河床を痛めない砂防施設であり、生態系に影響を与えにくい構造です。
構造体の背景が透けて見える構造のため、景観にとけ込みます。
構造部材は軽量のため、現地搬入と設置が容易です。
短期間で設置でき、河床での作業時間が非常に少ないため、施工期間中の安全性が向上します。
低コストを実現しました。短期工事のため工事費は従来の砂防ダムと同等になります。

実績
姫川濁沢(長野県小谷村)

立山カルデラ多枝原谷(富山県立山市)
焼岳上々堀沢(長野県松本市安曇)

詳しい情報はこちら>> 柔構造物工法研究会


ダイチ株式会社│富山県富山市一本木259-1 TEL.076-451-6601 FAX.076-451-6632 E-mail mail@daichikk.co.jp
Copyright (C) 2006 Daichi Corporation. All Rights Reserved.